MENU
勉強計画アプリViCOLLA キャッチコピー
勉強計画アプリViCOLLA トップイメージ

勉強したい市販教材と日程を選ぶと、AIがその教材の目次・問題番号を日割りします。

勉強したい市販教材と日程を選ぶと、
AIがその教材の目次・問題番号を日割りします。

市販の参考書・問題集はどれでもOK
市販の参考書の「目次情報」と「問題番号情報」(※問題内容は含みません)をデータベースに蓄積しています。市販であれば、どんな参考書・問題集でも計画できます。
AIがあなただけの計画を立てます
例えば、長文問題の一問と文法問題の一問では学習時間は異なります。人によっても解くのにかかる時間は違います。正答率や学習時間など過去のデータ(後述)から、学習にかかるであろう時間をAIが予測し、学習者の状況に合わせた振り分けを行います。そのため、使えば使うほど精度が高くなります。
計画したい範囲や順番を細かく指定可能
計画したい目次の範囲や優先順位、例題だけ勉強したい、印がついた問題だけ勉強したい、など細かい設定が可能です
勉強計画アプリViCOLLLAの特長1

計画崩れしても1秒で修正! 横スワイプだけで計画の再調整が可能です。

計画崩れしても1秒で修正!
横スワイプだけで計画の再調整が可能です。

日割りされた予定
タスク(教材サムネイル)をタップすると、自己採点の結果を記録する画面(後述)へと遷移します。
一瞬で計画を再調整
該当のタスクを横スワイプすると、日程を簡単に変更できます。
達成率の可視化
1日ごとにタスクの達成率を可視化したゲージがあります。自己採点結果を記録することでゲージが溜まっていきます。毎日の目標となるため、モチベーションを上げることができます。
勉強計画アプリViCOLLLAの特長2

自己採点を記録すると全国のライバルの正答率や、解くのにかかった時間がわかる!

自己採点を記録すると
全国のライバルの正答率や、
解くのにかかった時間がわかる!

付箋要らず!見直しが簡単に
問題の正誤(〇△×)、解くのにかかった時間を記録できます。また、各問題ごとにコメントやノートの画像などを残すことができます。絞り込み機能を使えば、カンタンに見直しをすることができます。
ライバルの正答率・時間がわかる
自己採点を記録すると、その問題の正答率や解くのにかかった時間の平均値が表示されます。自分の実力がどのくらいなのかをリアルタイムで判断できます。
学習状況の分析機能
自己採点の記録の結果をまとめた分析画面を用意しています。解いた問題数の集計や、教材ごとの完成度、復習して解けるようになった問題数の集計など、モチベーションが上がる仕組みを豊富に用意しています。
勉強計画アプリViCOLLLAの特長3

参考書の目次・番号
冊収録

時点

勉強計画アプリ ViCOLLA

提供開始予定:2019年5月配信予定
対応OS:iOS / Android

事前登録受付中!

  • ViCOLLA Twitterで事前登録
  • ViCOLLA LINEで事前登録
  • ViCOLLA LINEで事前登録
  • ViCOLLA Mailで事前登録

事前登録受付中!

  • ViCOLLA Twitterで事前登録
  • ViCOLLA LINEで事前登録
  • ViCOLLA LINEで事前登録
  • ViCOLLA Mailで事前登録
PAGE TOP